DRUMMER JAPAN -ドラマージャパン

SINCE 2005 ドラマーのために

V-Drums 増設魂!(アーカイブ)

約 3 分

ローランド TD-20 音源1台でどこまで増設できるのか?

2007年7月

増設済みKIT

Yokoi Kit

ローランド V-Drums TD-20K-Sがベースです。

  • Percussion Sound Module TD-20 ×1
  • V-Pad PD-125BK ×3
  • V-Pad PD-105BK ×2
  • V-Hi-Hat VH-12 ×1 (*1)
  • V-Cymbal Crash CY-14C ×2
  • V-Cymbal Ride CY-15R ×1
  • V-Kick Trigger Pad KD-120BK ×1
  • Drum Stand MDS-20BK ×1

増設分

  • V-Pad PD-125BK ×1
  • V-Pad PD-105BK ×2
  • V-Pad PD-85BK ×1
  • V-Cymbal Crash CY-14C ×1
  • V-Cymbal Ride CY-15R ×1 (Crashとして使用)
  • V-Hi-Hat VH-12 ×1 (*1)
  • Kick Trigger KD-7 ×1(*2)
  • Trigger MIDI Converter TMC-6 ×1
  • KIT TOYS 16″Ride ×1(*2)
  • KIT TOYS 6.5″Splash ×1(*3)
  • KIT TOYS 8 “Splash ×1(*3)
  • KIT TOYS 12″China ×1
  • KIT TOYS 14″China ×1

TD-20 TMC-6

 

入力の振り分け

各パッドの入力の振り分けです。TMC-6だけキャプションを入れています。残りはTD-20です。

TMC-6に接続のパッド

TMC-6に接続のパッド

TMC-6に接続のパッド

  • TMC-6には合計9台のパッドを入力しています。
  • 仕様では6台なんですが、並列にインプットすることで、同じ音になりますが2つのパッドを鳴らしています。
  • 同じくTD-20のハイハットにも並列にインプットしています。

 

並列入力のパッド

  • V-Hi-Hat VH-12 ×1 (*1)+V-Hi-Hat VH-12 ×1 (*1)
  • Kick Trigger KD-7 ×1(*2)+KIT TOYS 16″Ride ×1(*2)
  • KIT TOYS 6.5″Splash ×1(*3)+KIT TOYS 8 “Splash ×1(*3)

 

変換プラグで並列に入力

スプラッシュとライドを並列に入力

 

V-HHを並列に入力

 

TMC-6の裏技

  • チャイナシンバルもTMC-6に入力していますが、スネアの入力だけはヘッドとリムが鳴ることからステレオ入力なんですね。
  • KIT TOYS Chinaはシングルトリガーなのでモノラルなんです。変換プラグを使用してステレオのLRに1台ずつ接続すれば、ヘッドとリムで別々の音色を割り当てられるというわけです。この裏技でChina2枚に別々の音を割り当てています。

変換ケーブル

モノLRをステレオに変換するプラグ
全てフォンジャックのサイズだとベストです。

 

TMC-6接続図

TMC-6接続図

続きは、音源モジュールの設定をレポートします。

About The Author

ディープラス株式会社Director横井ジン
22歳までプロを目指しドラマーとして活動するもあえなく挫折 ><
その後TV業界へ。アッコにおまかせ!、TVチャンピオン、進め!電波少年のディレクターを経て独立。
2002年ディープラス株式会社設立、2005年DRUMMER JAPANを設立。
映像制作、音楽関連事業を展開中。
フォローお願いします。 ↓↓↓

Comment On Facebook