DRUMMER JAPAN -ドラマージャパン

SINCE 2005 ドラマーのために

カホン・ライトニング・システム 仕様

約 2 分
カホン・ライトニング・システム 仕様

現在発売中のスネア・ライトニング・システムを応用すれば、カホンも光らせることが出来ます。

カホンの底面にLEDを仕込むのが良いと思います。

トリガーは問題なく裏面でも作動しました。後はLEDテープをどうするかです。

簡単に考えれば一本ラインでもいいので、そのままカットして使ってもらうか、ラウンドタイプのLEDを使うてもあるので、近日中に決定したいと思います。

イカリング

 

これがリングタイプのLED

イカリング

これで直径が14センチです。

こいつを、カホンの底面に貼ります。

イカリング カホン

うわー、眩しい!でもイイカンジじゃないですか?

セットアップします。

カホンライトニングシステム

おおお、白も綺麗! 各色選べるのでおこのみでどうぞ。この仕様でOKかなー?

 

ラウンドタイプLEDcolor

 

トリガーの取り付け位置は背面では振動が弱かったので、打面が良いと思います。 個体差にもよると思いますので、お手持ちの楽器で調節してみてください。底面や側面でも行けるかもしれません。

トリガーの取り付け位置

About The Author

ディープラス株式会社Director横井ジン
22歳までプロを目指しドラマーとして活動するもあえなく挫折 ><
その後TV業界へ。アッコにおまかせ!、TVチャンピオン、進め!電波少年のディレクターを経て独立。
2002年ディープラス株式会社設立、2005年DRUMMER JAPANを設立。
映像制作、音楽関連事業を展開中。
フォローお願いします。 ↓↓↓

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

11 + eleven =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment On Facebook